アート版「Shazam」として話題のアプリ、ご存知ですか?

その名も「SMARTIFY(スマーティファイ)」。アプリを立ち上げて、スマホのカメラで展示作品を撮影すると、画像認識とAR技術で作品を特定し、その作品の背景など、詳しい情報を教えてくれるというもの。調べた作品はすべてデータベース化されるので、「絵は覚えてるけど、描いたの誰だっけ...」といったありがちな悩みから解放されます。

さらに作者と年代以上のインフォメーションを知ることができれば、一気に理解が深まります。「美術館に行っても楽しみ方がわからない」というアート初心者も、このアプリがあれば気軽に楽しむことができるんじゃないでしょうか。

残念ながらまだ日本語対応ではないものの、このアプリが人々とアートの距離を近づけてくれそうです。今週末はSMARTIFYと一緒に美術館巡りしてみる?

courtesy:SMARTIFY